バリ島/スカスカ・バリ


ペンジョールの光景
弓状に先をしならせた長い竹竿を主軸にし、椰子などで作った葉飾りでデコレーションされたペンジョールは、ご先祖様の霊を迷いなく迎えるための目印なのだそうだ。ペンジョールは天と地をつなぐ龍の形を表しているという説もある。また別に神々が君臨する山を象徴しているとも言われている。この地上にある生活するために必要なものは、すべて神が創造し、神からの授かりものと考え、神様への感謝の意味を込めて、つける習慣なのだそうだ。我が家では付けなかったが、お兄ちゃんの家ではバナナを付けたそう。(2012年8月29日 記載)



スカスカ・バリ